光陽福祉会 事業日誌ブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 知ることの大切さ | main | 進級 >>

忙しさから・・・学び

先週のTGWは、今までの中でも大忙しな週間でした
今までも「こんな忙しさ・・・できるかな?」と思うことは多々ありましたが
先週は、「大変」と言うこともできないほど(笑)
しかし彼らは、この大変さを毎回乗り越えてきている
だからなんでしょうね。
どこかで大丈夫という安心感が常に持てるんです
忙しい時だからこそ、いつもと違う見方ができる
この忙しさを乗り越えるため。彼ら力をもっと出すため
「どうしたらいいか?」「何に無駄があるのか?」
・・・・改めて殻らの働く環境・仕事について考えることができました
どうしてもいつもは、彼ら一人一人に焦点を合わせる見方をしている
もちろんそれも大事。
ですが、全体を見つことも大事。
先週は、彼らの必死さから、大事な2つの視点を持つことができました

そんな彼らの必死な仕事ぶり。
久しぶりに実際に私もガスケット加工を一本ずつやってみました
・・・・・・難しい
・・・・・・彼らのスピードについていけない
・・・・・・必死になればなるほど、できない
そう感じた私は、笠原ジョブのブログにあったようにTGW親の会 第2回総会で、お母さん方にガスケットに挑戦してもらいました
お母さん方のガスケット・・・・もちろん9割が不良です(笑)
しかし、体験していただいたことはとても貴重なこと
お母さん方からいろんな感想がありました
「難しいーーーーー。」
「先生、これは?分からない」
「不良の言葉が悲しい」
「不良が出て落ちこむ気持ちが分かるわ。」
「簡単そうに見えたのに・・・・」
私も同じ感想です
彼らにもお母さん方にとっても、自信の持てる一歩となってほしいそう思っています
親の会翌日、彼らの表情が心なしか柔らかい笑顔
「お母さんからガスケットのこと聞きました。」
と話をしてくれました。
話すとき、なんだか笑顔が止まらないのです
仕事が頑張れるのだから、生活もやっていましょう。
今彼らの力となる一歩を踏み出していきましょう
とお母さん方にお伝えしています。

そんな一週間を超えて、また明日から頑張りましょうね
彼らの成長に置いていかれないように・・・・私もがんばります

- | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする