光陽福祉会 事業日誌ブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 彼らの姿 | main | 踏みだす一歩 >>

ブログから

 主任のブログを読んで感じたこと
まずは「自立」について
私自身は自立出来ているんだろうか・・・
自分自身が自立していなくてよいのだろうか・・・
と感じている私がいます
(心の中では、感じているのです)

そこで、まず最近始めていること。
自立の第一歩
洗濯・朝ごはんの準備・お風呂掃除等
を自分で行うようにしています

そんな事と思われた方もいるかもしれませんが・・・
私なりに頑張っているんです
なかなかそれが大変

仕事が終わってから、ご飯の準備をして、
それからお風呂の準備・・・
そして洗濯
帰ってからが忙しい

しかし、それが自立ですよね。
自分で自分のことをする。
「自立」も人それぞれ形は違いますが、
今頃になって、TGWで働くF君の気持ちが分かったような気がします。

まずはやってみる。
引き続き自立に向けて頑張っていきたいと思います。


またまた主任のブログから
「経験がないスタート・・・
どうやって進めていけばいいのか、毎日分からず、とりあえず必死な一日を積み重ねて来たこと。
誰もが”必死だった道だったこと。」が書かれており、
そして
「一緒に必死になった仲間がいたことに感謝」と書かれているブログを読み、
3年前を思い出し、懐かしく感じました
私も感謝でいっぱいと共に
一緒に頑張ってきたからこそ
振り返る仲間がいて、共感できる仲間がいて、
笑いあった時間がありますよね

共に過ごした時間
大切にしたいと思います。
今の私がいるのは、3年間があるからこそ。

今、経験がないスタートをしています。
3年前と同じ、必死な毎日を過ごしている。
そして、共に必死に頑張る仲間もいます。

仲間とともに、そして支えてくれる方のためにも頑張っていきたいと思います。
- | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする