光陽福祉会 事業日誌ブログ

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 関わり | main | 衣替え >>

知ること。

近頃は、昼間の気温がグッと上がり
つぼみではエアコン(冷房)をつけないと
暑苦しくなってきました

そんな中、薄い長袖インナー+半袖Tシャツを着ている私

たま〜に肌寒い日もあるので
寒さに敏感な私は、
その『肌寒さ』に怯え、インナーを脱げずにいます(笑)


さて、つぼみでは先月から新しいお友達が増えてきています
(女の子が少なかったつぼみですが女の子も増えつつあります)

新しいお友達が増えることで、
職員と子ども・職員と保護者・子ども同士の
1からの関係づくりが始まります。

関係を築いていく中で
相手のことを『知る』というのは
とっても大切なことだなぁと改めて感じています


まず、子どものことを知る時にはいくつかの『情報源』があります。

フェイスシートから知る
その子が何が好きで何を苦手とするのか事前に知ることができます

実際に接していく中で知る
遊びや療育を通して、能力や性格を知ることができます

保護者さんとの会話の中で知る
一番の情報源と言っても過言ではないほど重要ですが
保護者の方との関係づくりでも、とっても大切なことですよね

保護者さんが記入して下さるノートから知る
学校や家など日頃知ることの出来ない部分の子どもの様子を
知ることができます。

このようにたくさんの情報源がありますよね



その1つ1つの情報を大切にしながら
子どもや保護者さんとの関係を築いていきたいです

- | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする