光陽福祉会 事業日誌ブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 頑張る気持ち | main | 知ること。 >>

関わり

先週の水曜日、TGWで働く彼らは会社の方と一緒に食堂へ行きました
これで3回目の食堂利用
ですが、会社の方と一緒に行くのは初めて
食堂に行った後、いつもの彼らの感想は「A定食食べました!」 「ラーメンもおいしかった〜」など、食堂の味自慢(笑)
しかし先週の水曜日は「○○さんと一緒に食べました」 「Hさんはお兄さんみたいだった」と交流自慢に変わっていました(笑)
本当に嬉しそうでした
一緒に行ってくださった方々、ありがとうございました

今会社の中で、彼らの関わりの範囲がすこしずつ広がってきている・・・
そう感じています
Rちゃんも、会社の方との関わりに支えられてます
先日Rちゃんからジョブに話がありました
「今度のボーリング大会、迷ってたんですけど・・・。
昨日前のボーリング大会で一緒のチームだったN・Kさんに会ったら、
『私は行けないけど、行ってきてね。頑張ってね。』って言われたんです。
だから行こうかなと思って」
と、ついつい口元が笑顔になってしまうほど嬉しそうに話してくれました

彼女にとって、何気ないことを声をかけてくださる方の存在は本当に大きいことなのです
実はボーリング大会、行かない予定だったとその後教えてくれました
そんなRちゃんの気持ちが、くるっと180度変わって、笑顔で行くと決心させてくれたKさんの言葉
Rちゃんの気持ちは、本当に満たされている
そんなKさんに金曜日お会いすることができたので、Rちゃんのことを伝えました
本当にありがとうございます
Kさんから、「私のことを覚えていてくれて私のほうこそ嬉しかったです」と言ってもらえました
ジョブがRちゃんに「Kさんという方と仲がいいんやって?」と聞くと、
「はい。」ではなく、笑顔でうなずくRちゃん

彼らたちが、会社の方から声をかけて頂けるって幸せなことだなと感じます
「おはよう」や「お疲れ様です」とあいさつができること
顔を合わせたら、「元気?」「どう?」と声をかけて頂けること
彼らが間違えていた時や、危ないときは教えてくださる方がいること
それも会社で“働く”ということですよね

これからも彼らのあたたかさや愛されるポイントをいっぱい伝えていきたいと思います
同時に彼らにも、周りの方との関わりが持てるように伝えていくこともある
きっとRちゃんにとって、このKさんとの関わりは、彼女の嬉しさと自信になったと思います
- | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする